1と白と○

言わないけど分かってね

 たった今、彼氏に振られた。

「もしもし」
「ああ、ひな?」
「うん。どしたの? なんでわざわざ電話?」
「気分的に電話したかった」
「ふーん」

 いつも通りの会話。だから、全くの不意打ちだった。

「ねえ、ひな。俺、ひなのこと嫌い」
「は?」
「聞こえなかった? 大嫌いになった。もう話しかけて来ないで」
「え?」
「ばいばい」
「え、ちょっと待ってよ」
「何? もう用件終わったんだけど」
「どうして? あたしの何処が嫌いになったの。あたし、何かした?」
「さあね。そんなん自分で考えれば」

 一方的に電話の切られる音。通話終了ボタンも押せないまま、プー、プー、と機械的に続く間抜けな音をぽかん、と口を開けたまま聞いていた。

 ***

 ――「絶対離さねえよ」

 今から一ヶ月ぐらい前に、あたしの手のひらをぎゅっと握って、はにかみながらそう言った彼。
 嘘つき。そう言ってあんたは自分から離れるんだね。一生くっついてられる度胸ねえんだったら最初っから言うな。
 いらいらしながら枕を殴った。ひとしきり枕を殴って、壁に投げつけ、そのままベッドに寝転んだ。
 ふと、壁にかけてある時計に目をやると、丁度、一日が終わってしまったころだった。
 はー、と大きく息を吐いた。それと同時に大粒の涙が零れた。偉そうで、意地悪で、素直じゃなくて、嫌なところもいっぱい見てきて、別れてやろうかって何回も思ったのに、いざ突然振られると、こんなにも悲しい。それが、ひどく悔しかった。こんなんだったら、自分から振っとくべきだった。
 突然、今の自分の気持ちとは全然合わない、ひどく明るい音楽が耳を刺した。元、彼氏専用の着メロ。そう気づいたときには、もう携帯の画面の下にある「新着メール1件」の文字を読んでいた。反射的に取ってしまった自分がすごく、情けない。メールが表示されるまで僅かな読み込み時間がもどかしい。画面に文字が写しだされる。

 (件名なし)4月2日00:01
 嘘だよ
  • [ CLAP ] inserted by FC2 system